4月採用の保育士求人と転職について更新中

保育士求人サイトと人材紹介の闇と呼ばれるこの2つを保育業界の専門家が暴露という形で解説していきます

保育士求人サイトでよく見かける同じ写真

◆ このような写真を見たことありませんか??

 

 

モデル①

 

 

 

 

モデル②

 

 

 

モデル③

 

 

実はこれらの写真は「フリー素材」といって著作権などを気にせず無料で使用できる写真です。

 

最近は子どもたちの写真を勝手に使うことが出来なくなってきたこともあり、保育園でも日常の様子をウェブサイトにあげることがNGという家庭も増えてきていますよね。その結果、求人サイトに使用できる写真も限られてきており、どうしても被ってしまうのです。

 

「保育士 フリー素材」で画像検索すると同じような写真が沢山出てきます★

 

 

 

◆ 比較サイトやランキングサイトの増加によってこれらの露出が大幅増

 

 

maru-hoiku.hatenablog.com

 

上述でも解説したように、最近は保育士求人比較サイト&保育士求人ランキングサイトが増えています。これらのサイトはほとんどが「人材紹介サイトからの広告料」を目的に製作がされているので、出来るだけサイトを作る際にお金をかけたくない。

 

そうなると無料で使える素材として、同じような写真ばかりが集まってしまうのです。

 

 

 

◆ よくみかける写真のサイトが別に悪質ではない

 

ここでハッキリ伝えておくことがあります。それは・・・

 

よく見かける同じ素材の写真を使っているサイトが悪質ではないということ。

 

有料の写真サイトをみていても保育士をイメージさせる写真ってあまり多くないので、有料サイトを使っても同じ写真が重なるのであれば無料でよいというのは当然の選択でもあります。

 

実際に老舗と呼ばれるような10年以上前から運営している求人サイトや丁寧に保育士目線で対応している会社でもこれらの写真は使っています。

 

今回は「同じ写真が見かけるのですが、このようなサイトは信用できないのでしょうか??」という質問が寄せられたので、改めて解説させていただきました。

 

 

 

◆ おまけ:保育士&子育てママの副業チャンス!?

 

上述のように多くの求人サイトでは出来るだけ重複しない写真を求めています。その為、保育士をイメージさせるオリジナルの写真が欲しい。

 

実際に私のもとに複数のサイトから保育士としての仕事風景の写真を撮影させてくれないかという依頼が来ています。

(男性保育士はより貴重でサイト映えしますからね。)

 

お子さんの写真もOKであれば、保育系の企業で保育士モデルの撮影アルバイトも募集しているという情報をここで載せておきますね!

 

当然、私はそのような依頼は全てNGで、実際に保育中は0歳児に入る時と食事の時以外はエプロンをしない主義です☆彡