小林まる@保育園”まる”わかりガイド

現役保育士が保護者が知っておいて役立つ保育園のことや子どもたちの為に一生懸命働く保育士について教えます

保育園見学は保活に影響ないのか

自治体は待機児童対策を積極的に行っているものの、なかなか待機児童は解消されません。その為、いまだに保活という言葉は多くの保護者からよく聞かれます。その中で保育園見学をするとしないのでは入園に影響があるのではという質問もよく聞かれます。

 

 

◆見学の有無は加点に全く関係ありません(認可園)

 

結論から言うと、保育園見学の有無は保育園の入園に関して全く関係ありません。認可保育園においてはあくまでも入園の判断を決めるのは各自治体です。その為、保育園側は誰が見学に来たのか名簿を作って保管をしておりますが、実際にその名簿を自治体に提出することはありません。あくまでも入園については各自治体が定める点数が基準です。その基準点数が同じであった場合は様々な事情が考慮されますが、その項目に見学ポイントはありません。

 

 

 

認証保育所や認可外では関係ある可能性も

 

逆に保護者と保育園が直接契約をする認証保育所や認可外保育園では見学を重要視する保育園もあります。実際に見学をしていない場合は入園をお断りしていると明言している保育園もあります。これは保護者と保育園が直接契約出来るシステムなので、極端な話、定員が空いていても「この家庭を入園させたら運営上負担が増える」という判断が出た場合には断ることもあります。それは違法ではないのか??これは違法ではありません。私も認証保育園で見学対応をしていたことがありますが、その中で、明らかに保護者が子どもを全て保育園任せにすることが目に見えていたり、決められた開園時間までに迎えに来ることが難しいなどという事情の家庭については代表と話し合って入園をお断りしたこともあります。

 

 

 

◆ではどうして名簿を作っているの

 

今ではあまり実施されていませんが、以前は東京都などでは保育園見学を行った人数に応じて保育園に補助金が支給されていたことがありました。また見学の際の印象を記録しておくことで入園時の保護者対応や保育の参考にしておきたいという保育園側の思惑があるからです。

 

 

 

◆一部例外が適応されることも

 

これも全ての自治体が実施しているわけではありませんが、障がいを抱えている子どもや重度のアレルギー児などについては保育園側で受け入れることが難しいと判断した場合は自治体を経由して入園受け入れをお断りすることがあります。「明らかな差別ではないか」と思うかもしれませんが、保育園側が個別支援児を受け入れる体制が十分でなければ結果としてその子どもにとって最善の利益を提供することが出来ないためです。既に多くの個別支援児を受け入れている場合はこの例に該当します。

 

その中で最も重要なのは「既に個別支援児を複数受け入れている場合」です。クラス内に1~2名程度であれば支援児対応の職員と共にクラス運営を行うことが出来ますが、、、4~5名の個別支援児がいた場合、クラス内で一緒に保育を行うには不都合が生じてきます。当然職員配置も増えますし保育面積も多く必要になってしまい国の基準の面積では十分な保育が出来なくなります。また個別支援児については当然、加配保育士をつけますが・・・自治体から雇用する為の補助金は支給されていても肝心の職員雇用が出来ません。その為、十分な職員体制が確保できないのであれば保育園側から事情を説明してお断りすることになります。またアレルギーに関しても給食室の構造や十分な食事スペースの確保などを理由に慎重な判断を保育園側は行う必要があります。この場合は看護師が常駐しているかどうかも重要なポイントになります。

 

 

◆影響はなくても園見学には行ってください

 

第一希望の保育園に入ることって本当に難しいです。ですが出来るだけ保育園見学には行って欲しいというのが保育園側の本音です。理由は事前に保育園見学を行っている人よりも行っていない人の方が保護者トラブルが多く発生しているからです。

 

子どもの成長をサポートする為に重要なことは保育園と家庭の連携です。その為、あまりに家庭と保育園で行っている保育内容や考え方に相違があると子どもは正直戸惑います。保護者側からは「だってここが第一志望じゃないし。他は入れなかったから」という言い分もありますが、大変申し訳ありませんが保育園側も出来るだけ保護者に寄り添う努力はしますが保育園の方針に沿って運営しないと組織としてバラバラになってしまいます。その為、仮に見学出来なかったとしても希望順位に保育園名を書く時には保育園のホームページをみて気になることは事前に質問。面接の際には不明な点や気になる点はとにかく質問してください。そこは保護者の皆さんにご協力をしていただければと思います。

 

 

・・・まぁそもそもとして

 

「希望の保育園に入れない」

「希望していないけれどここしか入れなかったから入園した」

 

といった状況が当たり前になっている都市部の保育事情自体が問題なんですけどね。実際の所、保護者とのトラブルが多いのってこのように待機児童が多く、保活に苦しんでいる自治体の方が多いというのも、最近の保育業界における傾向の一つと言えます。